高血圧の原因って何?

高血圧の主な原因を探る

高血圧を放っておくと、色々な病気の引き金になる恐れがありますから注意が必要になってきます。しかし、この高血圧の原因については、実は90パーセント以上は明確な原因がわからないといわれています。ただし、生活習慣や遺伝的な要素が関係しているということはわかっているので、自分がどのような原因で高血圧になっているのかという原因を探ることは大事になってきます。

そこで、高血圧の原因としては、大きく一次性高血圧と二次性高血圧に分類することができます。一次性の場合は、食塩のとりすぎや加齢によりなることが多いです。また、ストレスや過労、運動不足、肥満などが関係しているといわれています。さらに、中には遺伝的な原因で血圧が上がりやすくなっている人もいます。

二次性の場合は、腎臓病やホルモン以上など、高血圧になりやすい病気が背景にある場合を指します。このようなケースでは病気が治れば、自然と血圧も正常に戻ることになるので、病気の改善が重要になってきます。

このように、血圧が高いという原因には色々な要素があるので、一次性のケースでは、原因が何か一つに絞ることはなかなか難しいということがいえます。ですから、高血圧を改善させるためには、総合的に改善していくということが大事になってきます。

例えば、食事療法だけではなく、運動習慣を身につけたり、ストレスをためないようにしたり、場合によっては薬を服用したりといった方法が考えられます。これらを組み合わせることによって、血圧を正常に保つことは可能です。特に、親族に血圧が高い傾向が強い場合は、遺伝も関係しているのではないかと考えられるので、他の人よりも血圧に関しては意識していくことが重要になってくると考えられます。

高血圧の基本となる食事とは

自分でできる高血圧対策の一番最初に浮かんでくるのは、食生活の改善です。現在、各食品メーカーが減塩を謳った商品を多く販売しているのも、高血圧対策には食生活の改善が重要なポイントだからです

高血圧対策には減塩と言われるのは、塩分を摂りすぎることにより血液の量が増し、血管にかかる負担が大きくなるためです。血管にかかる負担が標準よりも大きいものを高血圧と呼び、放置しておくと動脈硬化から脳卒中や心筋梗塞などの重大な病気を引き起こす可能性があるため、多くの人が高血圧を重大な病気として通院したり生活習慣の改善を目指しているのです。

日本人の食生活は、古来から醤油や味噌などの塩分が多く含まれたものを調味料としたり、漬物など塩分をたっぷり使ったものが基本です。減塩のためにはしっかりと出汁をとり風味をきかせた調理法にしたり、レモンや酢など酸味を利用して薄めの味付けでもおいしく食べられる工夫をしたり、減塩の醤油や味噌を利用するのが良いでしょう。
また、体内の余分な塩分を排出することで降圧効果のあるペクチンを多く含んだ食材も積極的に摂取すると効果的です。

塩分だけではなく、コレステロールの多く含まれる食材を控えめにするのも重要です。高血圧の人はコレステロール値も高めの人が多いというデータがあります。コレステロールの多く含まれる食材を摂ることで動脈硬化が促進され血管が狭くなり、狭い血管に血液を送り出すためさらに血管への負担が大きくなってしまうという悪循環が起きます。
肉や乳製品などの飽和脂肪酸の多く含まれる食材もコレステロール同様に摂取を控え、サバやイワシなどの不飽和脂肪酸を含んだ食品を摂るようにします。不飽和脂肪酸には血中のコレステロールを減らす働きがあるので、積極的に摂取したい食材です。

高血圧学会が提唱する塩分摂取量とは

高血圧とは、生活習慣病のひとつにも指定されている状態のことです。収縮期血圧、いわゆる最高血圧が140mmHg以上、または拡張期血圧、いわゆる最低血圧が90mmHg以上に保たれた状態のことを言います。高血圧はそれそのものも恐ろしいのですが、高い確率で他の疾患の引き金にもなることが明らかになっている点です。こうした疾患としては、同じ生活習慣病である糖尿病や脳卒中などの脳血管疾患、更に腎症や心臓疾患などを挙げることができます。いずれも非常に重篤な症状をもたらす疾患ですから、それらにかかるリスクを少しでも減少させると言う側面から見ても、高血圧を予防するのはとても重要かつ意味のあることです。

高血圧のリスクを高める要因としては、飲酒や喫煙などの習慣の有無、ストレス、また遺伝などがあるとされています。また食事による塩分の過剰摂取も、リスクを高める重要な要因とされています。これは動物を用いた実験や、塩分摂取量がほとんどない海外の国との比較によって、明らかにされていることです。

日本人が好んで食する和食は、味噌や醤油などを使用するため、どうしても塩分摂取量が多くなりやすく、これは欧米と比べてもかなり多いとも言われています。国民の健康増進のために高血圧やそれに関する諸分野の学術進歩向上を目的としている日本高血圧学会では、1日あたりの塩分摂取量を6g未満にすることが望ましいと提唱しています。ちなみにWHO、世界保健機構では1日あたり5g未満が望ましいとしています。1日あたりに摂取が必要な塩分量は1.5gなのですが、これに対して日本人の摂取量は1日あたり男性で約11g、女性で約9gですから、いかに摂取し過ぎているかが理解できます。高血圧予防のためにはまず減塩を意識し、1日あたり6gに近づくべく、少しでも塩分摂取量を控えることが重要です。
■確認しておこう!
ノルバスク通販の価格について
アダラートの服用前に副作用をみる
■こちらの薬もおすすめです
ラシックス
■水にすぐ溶けるので飲みやすい
アムロジピン OD錠の治療薬